東京大学

  • 大学院工学系研究科 原子力国際専攻
  • 東京大学工学部・大学院工学系研究科
  • 大学院工学系研究科 原子力専攻(専門職)

共同研究

  • 日本原子力研究開発機構
  • 東京大学宇宙線研究所

研究関連リンク

  • 科研費
  • 科学技術振興機構
  • NIST
  • Los Alamos

業績

原著論文

(2011年まで、それ以前はこちら)

  • 2017年
    • "All-diode-laser cooling of Sr+ isotope ions for analytical applications"
      Kyunghun Jung, Kazuhiro Yamamoto, Yuta Yamamoto, Masabumi Miyabe, Ikuo Wakaida, Shuichi Hasegawa
      Japanese Journal of Applied Physics 56 (2017) 062401.
      DOI: 10.7567/JJAP.56.062401
  • "Excess micromotion compensation of trapped ions in a linear Paul trap for trace isotope analysis"
    Kyunghun Jung, Yuta Yamamoto, Shuichi Hasegawa
    Journal of Nuclear Science and Technology (2017).
    DOI: 10.1080/00223131.2017.1359121
  • 2015年
    • "Development of multiple laser frequency control system for Ca+ isotope ion cooling"
      Kyunghun Jung, Yuta Yamamoto, Shuichi Hasegawa
      Hyperfine Interactions 236 (2015) 39-51.
      DOI: 10.1007/s10751-015-1209-x
  • 2013年
    • "Dynamics of ion loading into a linear Paul trap using an inductively coupled plasma mass spectrometer"
      Masanori Kitaoka, Kyunghun Jung, Yuta Yamamoto, Takuma Yoshida and Shuichi Hasegawa
      Journal of Analytical Atomic Spectrometry 28 (2013) 1648-1654.
      DOI: 10.1039/c3ja50023c
    • "Trapping and laser cooling of trace Ca+ isotopes injected from an inductively coupled plasma mass spectrometer"
      Masanori Kitaoka, Takuma Yoshida, Yuta Yamamoto, Kyunghun Jung and Shuichi Hasegawa
      Journal of Analytical Atomic Spectrometry 28 (2013) 1292-1297.
      DOI: 10.1039/c3ja00004d
  • 2012年
    • "Hydrogen compounds formation of calcium in an ICP-DRC-MS"
      Kyunghun Jung, Takuma Yoshida and Shuichi Hasegawa
      Journal of Analytical Atomic Spectrometry 27 (2012) 131-136.
      DOI: 10.1039/c1ja10012b
    • "Isotope-selective manipulation of Ca+ using laser heating and cooling in a linear Paul trap"
      M. Kitaoka and S. Hasegawa
      Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics 45 (2012) 165008 (7 pages)
      DOI: 10.1088/0953-4075/45/16/165008
  • 2011年
    • "Observation of sympathetically cooled 43Ca+ ions in a linear ion trap"
      Y. Hashimoto, M. Kitaoka, T. Yoshida, S. Hasegawa
      Applied Physics B 103 (2011) 339-344.
      DOI: 10.1007/s00340-011-4471-x
    • "Determination of the temperature of bremsstrahlung photon generated by ultraintense laser using various thickness attenuators"
      Shuichi Hasegawa, Ryuta Takashima, Masaru Todoriki, Satoshi Kikkawa, Keita Soda, Kei Takano, Yuji Oishi, Takuya Nayuki, Takashi Fujii, and Koshichi Nemoto
      Review of Scientific Instruments 82 (2011) 033301 (4 pages)
      DOI: 10.1063/1.3553496

    学会発表(口頭発表)

    (2017年度)

    • Cheon Donguk「Development of interference filtered ECDL system for strontium resonance ionization spectroscopy」
      日本原子力学会2017年秋の大会、北海道大学札幌キャンパス、2017年9月15日.
    • 落合皓貴「イオントラップレーザー冷却分析手法の検討による検出下限の低減化」
      日本原子力学会2017年秋の大会、北海道大学札幌キャンパス、2017年9月15日.
    • 石川大裕「グロー放電を用いたレーザー吸収・発光システムの開発」
      日本原子力学会2017年秋の大会、北海道大学札幌キャンパス、2017年9月15日.

    (2016年度)

    • Stephen Wells「Development of Tapered Amplifer Coupled ECDL System for Resonance Ionisation」
      日本原子力学会2017年春の大会、東海大学湘南キャンパス、2017年3月28日.
    • 石川大裕「放電プラズマによるレーザー分光分析システムの開発」
      日本原子力学会2017年春の大会、東海大学湘南キャンパス、2017年3月28日.
    • 岩田圭弘「ストロンチウム同位体イオンのレーザー冷却による分光分析法の開発(4)」
      日本原子力学会2017年春の大会、東海大学湘南キャンパス、2017年3月27日.
    • 落合皓貴「イオントラップ中でのレーザー冷却における同重体干渉の評価」
      日本物理学会2017年春季大会、大阪大学豊中キャンパス、2017年3月19日.
    • 岩田圭弘「レーザー共鳴イオン化を用いた希ガス不純物測定(3)」
      日本物理学会2016年秋季大会、宮崎大学木花キャンパス、2016年9月22日.
    • Stephen Wells「Diode Laser External Cavity Design for High Power Laser Light Generation for Atomic Spectroscopy Applications」
      日本物理学会2016年秋季大会、金沢大学角間キャンパス、2016年9月15日.
    • 山本和弘「放射性ストロンチウムの迅速分析に向けた共鳴イオン化・トラップ分析技術の開発 (1):分析装置内イオン軌道シミュレーション」
      日本物理学会2016年秋季大会、金沢大学角間キャンパス、2016年9月14日.
    • 岩田圭弘「放射性ストロンチウムの迅速分析に向けた共鳴イオン化・トラップ分析技術の開発 (2):捕獲イオンの蛍光観測」
      日本物理学会2016年秋季大会、金沢大学角間キャンパス、2016年9月14日.
    • 石川大裕「プラズマを利用したレーザー分光分析の開発」
      日本原子力学会2016年秋の大会、久留米シティプラザ、2016年9月9日.
    • 鄭京勲「ストロンチウム同位体イオンのレーザー冷却による分光分析法の開発(3)」
      日本原子力学会2016年秋の大会、久留米シティプラザ、2016年9月8日.
    • 山元祐太「Obserbation of cooled Ca ions in RF trap by the axial direction」
      European Conference on Trapped Ions、Waldhotel National Arosa, Switzerland、2016年8月29日.

    受賞歴

    (2011年まで、それ以前はこちら)

    • 山本和弘「レーザーを用いたストロンチウム90迅速分析手法の開発」
      日本原子力学会北関東支部若手研究者発表会 学生の部 優秀発表賞
      東海会館、2016年4月15日.
    • 吉田拓真「ICP-MSとイオントラップを融合した同位体分析装置の開発」
      システム創成学専攻三好賞
      東京大学、2011年3月24日.
    • 北岡雅則"Development of a novel apparatus for ultra-trace isotpe analysis using laser cooling technique"
      第3回HOPEミーティング Best Poster Presentation Award
      グランドプリンスホテル新高輪、2011年3月11日.

    外部資金

    (進行中の課題)

    • 科研費基盤研究(B)「レーザーを駆使した極微量同位体分光分析手法の開発」
      研究代表者:長谷川秀一、研究期間:平成27年度~平成29年度
    • 科研費基盤研究(B)「放射性ストロンチウムの可視化に向けた同位体選別共鳴イオン化スキームの開発」
      研究代表者:岩田圭弘、研究期間:平成28年度~平成30年度